プロペシアは子作りに深刻な副作用

プロペシアは子作りに深刻な副作用

 

プロペシアは子作りに深刻な副作用

 

プロペシアには様々な副作用があるとされます。その中でも注目して欲しいのが、子作りに関する副作用です。

 

薄毛に悩み、プロペシアを飲むことを考えているが、副作用の心配はないのだろうか。

 

自分はまだしも、奥さんや生まれてくる子供への影響はどうなのだろうか。

 

こちらでは、プロペシアには実際にどんな副作用があるのか。
もし副作用のリスクがあるのなら、代わりになるような育毛剤があるのか、といったお話をします。

 

 

プロペシアに認められている副作用とは?

 

  • 性欲自体の減退
  • 勃起不全
  • 射精障害
  • 精巣痛
  • 精子の減少
  • アレルギー症状など

 

プロペシアは非常に多くの副作用が実際に報告されているわけですが、それも仕方がありません。
実は、プロペシアの有効成分である「フィナステリド」は発毛効果以外の目的を持って製造された経緯があるのです。

 

プロペシアはもともとプロスカーと呼ばれる薬でした。前立腺肥大症の患者さんが利用して、病気の改善を図っていたのです。しかし、臨床試験中に前立腺肥大症改善作用以外にも抜け毛が減ったり、といった作用が現れはじめました。その結果、発毛剤として転用されることになったのです。

 

要は、フィナステリドの本来の目的である前立腺肥大症改善以外に、予期しない作用が現れたのです。

 

※ミノキシジルも血圧降下剤から転用された経緯がありますよね。二つの発毛有効成分(ミノキシジルとフィナステリド)は、もともと違う目的で作られた医薬成分だったのです。

 

プロスカーよりもプロペシアは含有量を少なくしています。プロスカーのフィナステリド量は5ミリグラムで、プロペシアの含有量は1ミリグラムです。ただし、容量が少なくなったからとはいえ、副作用が起きないわけではありません。

 

 

性的な副作用が起こりやすい

 

プロペシアがもともと前立腺肥大症に対応するための薬だったために、男性的な機能に関わる副作用が圧倒的に多いのです。人間にとって性的な機能が弱ってしまうのは大きな損失でもあります。

 

特に注目して欲しいのが、ED(勃起不全)です。子作り自体ができなくなりリスクを持っている薬なのです。
薄毛になる年代は30代くらいになってからですよね。ちょうど精力が落ち始める時に該当してしまうのです。勃起不全を促進させてしまう可能性も有るので、十分に注意しなければなりません。

 

プロペシアは子作りに深刻な副作用

 

 

どのくらいの確率でプロペシアの副作用が起きてしまうのか

 

  • 性欲減退・・・1.8%
  • 勃起機能の低下・・・1.3%

 

この数字を「なんだたった1%か低いな」と考えてしまうかもしれません。
しかし、飲んだら100人に1人から2人の身体に問題が出てきてしまうのです。

 

しかも、プロペシアの服用をやめたからといって、副作用が収まるとは限りません。
実は長期間、精力がダウンした状態が維持されてしまうケースもいくつか報告されているのです。

 

 

 

プロペシアの服用で子供に大きな影響を与えてしまう可能性あり

 

女性の服用は絶対に厳禁です。仮に妊娠中に飲んでしまうようなことがあると、子供の生殖器などに問題が起こってしまうことがあるのです。

 

男性が飲んでいる分には特に大きなリスクは無いと感じるかもしれませんがが、奥さんが誤って飲んでしまう可能性もあります。そもそも、子作りに大きな影響を与えやすい医薬品なので、妊活をしている時にはプロペシアを利用しないのがおすすめです。

 

以上のように、プロペシアは非常に使い勝手の悪い発毛剤、といったことも言えるのです。

 

プロペシアは子作りに深刻な副作用

 

 

個人輸入で手に入れたプロペシアには特に注意すべき

 

個人輸入でジェネリックタイプのプロペシアを購入する方も少なくありません。
医療機関で手に入れるのが恥ずかしい、といった方もいますよね。

 

しかし、個人輸入で手に入れたプロペシアには問題があるのです。フィナステリド量が安定していません。

 

1ミリグラムと書かれていても、0.7ミリグラムしか含まれていなかったり、1.5ミリグラムも含まれているケースが有るのです。副作用の確率をアップしかねないので、個人輸入の利用は控えるべきです。
髪が生える育毛剤の選び方など参考にしましょう。

 

 

 

プロペシアの代わりに注目すべき成分

 

キャピキシルにプロペシアに似た機能あり

 

今注目されている育毛成分にキャピキシルがありますが、プロペシアに似た作用があることでも知られています。

 

プロペシアは、男性型脱毛症の原因物質の一つである5αリダクターゼの活性度を下げる作用があります。
実は、キャピキシルにはイソフラボンの一種が含まれており、それが5αリダクターゼを強力に阻害する作用があることがわかってきました。

 

 

 

キャピキシルには副作用の心配なし

 

キャピキシルを利用したからといって、性的な副作用が発生した、なんて報告は一切ありません。非常に安全性が高い育毛剤なので、子作り中の利用も全く問題ないのです。

 

中には、通常はプロペシアを利用して、子作り中はキャピキシル含有の育毛剤を利用している人もいるほどです。

 

ちなみに、キャピキシルには、プロペシアと同じく発毛剤のミノキシジルよりも効果があるとされています。ですから、子作り中だけでなく、日常の利用もおすすめなんですよ。

 

 

 

キャピキシル含有のおすすめ育毛剤とは?

 

Deeper3Dがおすすめ!

 

プロペシアは子作りに深刻な副作用

Deeper3Dはキャピキシルを5%も含んでいます。

 

さらに成長因子も含んでおり、男性型脱毛症だけでなく幅広い育毛対策が出来るのです。安全性も極めて高く、副作用の心配もありません。

 

育毛剤の利用は一過性のものではありません。長期間利用し続けるものなのです。安全性の高さが確保されているDeeper3Dの利用価値は高いですよ。

 

すでにプロペシアを利用している方も、副作用のリスクを避けて、乗り換えを考えてみませんか。

 

引用サイト:育毛剤deeper3Dを使った効果と感想

 

 

 

Deeper3D